あごに吹き出物ができた!

あごの肌荒れについて

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

あごにできる事がある肌荒れですが、多くの場合はニキビだと言われています。

 

 

ここでは、あごニキビの原因と対処法についてみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

あごの肌荒れの正体は?

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

あごに吹き出物が出来る場合がありますが、二キビであることが多いといわれています。

 

 

あごは、皮脂腺が多くて皮脂が詰まりやすく乾燥しやすい部分です。

 

 

しかも、あごにできるニキビは、手で触ったり毛先が当たるなどして雑菌が付きやすいため、一度あごにニキビができると治りにくく、繰り返しできやすいといわれています。

 

 

あごにできるひどい肌荒れは、大人ニキビの一つと考えられていて、原因は主に次の2つだといわれています。

 

 

 

 

1. ホルモンバランスの乱れ

 

 

あごにできるニキビの主な原因がホルモンバランスの乱れ。

 

 

女性の場合、性周期によってホルモンバランスが変わるため、それにあわせて肌のコンディションも変化します。

 

 

女性ホルモンの一つ「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が皮脂の分泌を活発にするので、特に生理前などは二キビができやすくなります。

 

 

ホルモンバランスが乱れる原因としては、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れや環境の変化などが考えられ、ストレスを感じるとステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)や男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が増えて、女性ホルモンのバランスが不安定になってしまいます。

 

 

また、ステロイドホルモンも男性ホルモンも皮脂の分泌を増加させるため、ニキビができやすい状態になってしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

2. 間違ったスキンケア

 

 

顔のスキンケアは毎日しっかりしているという人でも、顎やフェイスラインのケアが行き届いていない人も多いようです。

 

 

すすぎが不十分で洗顔料が顎に残っていたり、保湿化粧品がフェイスラインまでしっかり届いていないということも。

 

 

また、顎にニキビができているのに、洗顔時にしっかり皮脂汚れを落とせていないと、顎ニキビを繰り返す原因となってしまいます。

 

 

さらに、保湿不足が原因となる場合もあり、洗顔をきちんとしていても保湿がしっかりされていないと、肌の内側が乾燥して「インナードライ」の状態になり、皮脂分泌が増えてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

 

ここまで、あごの肌荒れを引き起こす2つの原因についてみてきましたが、これら以外にも紫外線が影響を与える場合もあります。

 

 

顎は紫外線にさらされやすい部分にも関わらず、紫外線対策を忘れられていることが多いのでここもしっかりカバーしましょう。

 

 

また、外部からの刺激という意味では、紫外線に加えて衣類の摩擦や無意識に手で触れることで雑菌が繁殖しやすいという点も気をつけなければなりません。

 

 

他にも、内臓の働きが低下していたり、冷え性が原因の場合もあります。

 

 

一見ニキビとは関係ないように思えますが、体調や生活習慣を見直して改善していきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加