肌荒れと食べ物の関係は!

肌荒れと食べ物について

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

肌荒れは身体の不調をあらわすサインです。

 

 

何か根本的な原因があり、それが表面的に出てきた時に、肌荒れになりやすいといわれています。

 

 

そのため、本当の意味で治したいと考えるのなら、食べ物から見直さなければなりません。

 

 

即効性はありませんが、食生活を見直していくことで肌荒れになりにくい体質へと改善していくことはできます。

 

 

では、一体、肌荒れに良いとされる食材とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

ここでは、肌荒れに良いといわれている食べ物と飲み物についてみていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

【コンビニにある食べ物でも改善】肌荒れに効く食べ物と飲み物

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

肌荒れに効く食べ物をご紹介します。

 

 

 

コンビニでも売っているものもあるので、手軽に取り入れてみてくださいね☆

 

 

 

 

 

【 鉄分 】

 

 

肌荒れに効く食べ物として有名な栄養素が「鉄分」です。

 

 

鉄分は血液中で酸素を運ぶ、ヘモグロビンを作ります。

 

 

ヘモグロビンが十分にあると血流が増し、ターンオーバー(代謝)に必要な栄養や酸素が、細胞の隅々まで行き渡りやすくなります。

 

 

鉄分が多く含まれている食べ物は、レバーやひじきなのでこれらを積極的に食べるようにしましょう。

 

 

 

 

 

【 ミネラル「亜鉛」 】

 

 

 

成人の身体には約2g程度含まれていて、鉄の次に体内に多く存在するミネラルだといわれているのが亜鉛。

 

 

細胞分裂と関係が深く、お肌や髪の毛、爪などを健康に維持するのに必要で、亜鉛が不足すると皮膚炎や湿疹などを引き起こしやすくなるといわれています。

 

 

アルコールや加工食品に含まれる添加物、玄米など未精製の穀物に含まれるフィチン酸を摂取すると、大量に消費され吸収が阻害されて体外に排出されてしまいます。

 

 

食事に偏りがある人やダイエット中の人、お酒を頻繁に飲む人、玄米などの未精製の穀物を常に食べている人は、亜鉛を含む食べ物を積極的に摂りながら、必要に応じてサプリメントで補うなどして不足しないような工夫していくことが大切です。

 

 

亜鉛は、牡蠣やレバー、牛肉、たまご、チーズなどに多く含まれているので、お肌と身体のためにも積極的に取り入れていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

【 ビタミン各種 】

 

 

 

● ビタミンA

 

 

鶏レバー、豚レバー、あんこう肝、うなぎ肝、ほたるいか、ギンダラ、バター、しそ、パセリ、緑黄色野菜などに多く含まれ、皮膚や粘膜を正常な状態に保ってくれます。

 

 

また、健康な肌に欠かせない角質層のNMF(天然保湿因子)の生成も促してくれます。

 

 

 

 

 

● ビタミンB群

 

 

肌のターンオーバーを正常に保ち、不足するとターンオーバーが乱れます。

 

 

ビタミンB群の中でも、特にビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12は大切で、ニキビや肌荒れの治療に処方される場合もあります。

 

 

ビタミンB群はあらゆる動物性、植物性の食品に含まれていて、普通に食生活を営んでいれば摂取量が不足することはないと言われています。

 

 

しかし、ストレス、アルコール、妊娠、授乳、加齢、炭水化物や甘いものの食べ過ぎ、激しい運動によりビタミンB群が大量に消費されてしまうこともあるので、心当たりのある人はビタミンB群を意識して摂るようにしましょう。

 

 

 

 

 

★ ビタミンB2

 

 

レバー(肝臓、特に豚レバー)、ハツ(心臓)、うなぎ、うずら卵などに多く含まれています。

 

 

皮脂の過剰分泌を抑え、美しく健康な肌を保つためには必須の成分で、ニキビだけでなく口内炎の予防にも一役買っています。

 

 

 

 

 

★ ビタミンB6

 

 

ニンニク、牛レバー、マグロ、カツオ、酒かす、ピスタチオなどに多く含まれています。

 

 

動物性タンパク、脂肪分の代謝に欠かせない物質です。

 

 

 

 

 

● ビタミンC 

 

 

かんきつ類、イチゴ、キウイ、豚肉、小松菜、ゴーヤなどに多く含まれています。

 

 

抗酸化作用が強いため、皮脂の酸化を防ぐ働きがあります。

 

また、美肌を語る上で必須とも言えるコラーゲンの生成に欠かせない物質です。

 

 

 

 

 

● ビタミンE

 

 

あんこう肝、いくら、すじこ、オイルサーディン、モロヘイヤ、うなぎ、大根などに多く含まれています。

 

 

お肌の血行を促進し、新陳代謝を活発にします。

 

 

また、肌荒れを生み出す活性酸素から細胞を守る働きがあるといわれています。

 

 

私たちの身体を形成している約60兆個の細胞全てにとって大切なビタミンで、アーモンドやくるみなどのナッツ類、いくらやウナギ、イワシなどの魚介類、アボガドなどに多く含まれています。

 

 

ただ、ビタミンEは、小腸で体内に吸収された後に「リポタンパク質」と呼ばれるタンパク質の中に吸収されて全身に運ばれていくので、タンパク質が不足していると全身にビタミンEを運ぶことができなくなってしまいます。

 

 

ですから、ビタミンEを摂る時はタンパク質も一緒に摂取するようにしましょう。

 

 

 

 

 

● ビタミンC

 

 

 

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進したり、体内の活性酸素を除去したり、酸化した細胞内のビタミンEを元に戻す作用があります。

 

 

そのため、ビタミンEと一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。

 

 

キウイフルーツやイチゴなどの果物、パプリカやパセリ、芽キャベツ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれていますが、熱や空気中の酸素に弱く、調理や加工の工程で多くが無くなってしまいます。

 

 

ビタミンCを効率よく摂取するためには、次のような工夫をしていきましょう。

 

 

 

◎ フルーツや野菜は食べる直前にカットする

 

◎ 調理をする際は加熱時間をなるべく短くする

 

◎ 煮物などはビタミンCが煮汁に流れ出るため煮汁も一緒に飲む

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめのサプリはこちら↓ 肌荒れ

肌荒れに効く食べ物・飲み物レシピと効果的な摂り方

 

肌荒れ

 

 

 

皮膚を構成している主成分はタンパク質です。

 

 

その為、美肌づくりにタンパク質は必要不可欠だといえます。

 

 

また、美肌を育むためには肌の新陳代謝を良くして、皮脂のバランスをコントロールすることも大切。

 

 

そのためには、ビタミンやミネラルも欠かせません。

 

 

さらに、肌は腸内環境と結びついているため、便秘を防ぐ食物繊維も大事になります。

 

 

 

肌荒れ

 

 

 

最近は「酵素」が注目されていますが、酵素は消化と代謝にかかわる重要な物質。

 

 

ただ、加齢とともに体内の酵素は減少し、そのため様々な代謝機能も低下してしまいます。

 

 

その為、代謝酵素と消化酵素を減らさないためにも、食物酵素を積極的に摂取する必要があります。

 

 

食物酵素は生野菜や果物に多く含まれていますが、火を通すことで失われてしまいます。

 

 

その為、通常の食事では大量に摂取することがなかなかできません。

 

 

でも、この食物酵素を、手軽に取り入れることができる方法があります。

 

 

それが、自分で野菜や果物をすりおろして作るフレッシュジュース!

 

 

 

肌荒れ

 

 

 

同時にビタミン、ミネラル、食物繊維もしっかり摂取することができるのでおすすめです。

 

 

ちなみに、生理周期ごとに不足しがちな栄養素を補うと、女性特有の体調不良も整い高い効果が期待できます。

 

 

 

 

 

● 生理期(生理周期1~5日目)

 

 

ドリンクの材料

 

【しょうが・にんじん・りんご・はちみつ(各適量)】

 

 

女性ホルモンの分泌がもっとも少ない月経期間。

 

 

冷えやお肌が乾燥しやすい時期なので、身体を温める生姜を積極的に摂りましょう。

 

 

月経血と一緒に体内の毒素を出し切るために、デトックス効果の強いにんじんやりんごを摂る事もポイントです。

 

 

 

 

 

● 卵胞期(6~12日目)

 

 

ドリンクの材料

 

【オレンジ・グレープフルーツ(各適量)】

 

 

肌の水分量が増えている時なので、美肌のための栄養素であるビタミンCを積極的に摂ってもらいたい時期。

 

 

ダイエットにも効果的なので、ヌートカン(交感神経の働きを活発にする)やリモネン(血行促進作用がある)が含まれるグレープフルーツもおすすめです。

 

 

 

 

 

● 排卵期(13~15日目)

 

 

ドリンクの材料

 

【アボカド・バナナ・豆乳(各適量)】

 

 

女性らしさがピークのこの時期には、女性ホルモンの働きを助ける豆乳(女性ホルモン様成分イソフラボン)でより効果的に。

 

 

またアボカドにはリノール酸、レノリン酸が含まれ、お肌を乾燥から守ってくれるセラミドを作り、お肌をつるつるにします。

 

 

 

 

 

● 黄体期(16~21日目)

 

 

ドリンクの材料

 

【ほうれん草・小松菜・豆乳・ドライプルーン(各適量)】

 

 

生理中の貧血を予防するための鉄分や葉酸を摂り始め、ホルモンバランスを整えるビタミンE、肌荒れ防止のビタミンCなどの食材を積極的に補いましょう。

 

 

エストロゲンの減少が徐々に起こってくるので、イソフラボンが入った豆乳は引き続き摂取したい食材です。

 

 

 

 

 

●生理前期(22~28日目)

 

 

ドリンクの材料

 

【キウイフルーツ・りんご・プレーンヨーグルト(各適量)】

 

 

皮脂分泌が増加し、身体がむくみやすくなるので、皮脂バランスを整えるビタミンB群、むくみ防止のビタミンEを摂りましょう。

 

 

便秘や下痢には、腸内バランスを整えるりんごを。イライラにはカルシウム補給のためにプレーンヨーグルトがおすすめです。

 

 

スポンサードリンク

【肌荒れの原因は食事かも!】肌荒れの原因となる食べものはこれ!

 

肌荒れ

 

 

 

実は肌荒れの原因が普段口にしている食べ物だという場合もあります。

 

 

ここでは、肌荒れの原因になる食べ物を5つご紹介します。

 

 

 

 

 

【 もち米を使った赤飯や混ぜご飯 】

 

 

もち米にはニキビを悪化させるアミロペクチンが含まれています。

 

 

アミロペクチンを摂りすぎれば、ニキビが消えにくくニキビ跡として肌に残ってしまうこともあります。

 

 

お正月やお祝いの時には、もち米料理を食べる機会が多いですが、肌のためにもち米を摂取しすぎないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

【 糖分がたくさん含まれたケーキやチョコレート 】

 

 

糖分や油分が多く含まれるお菓子を食べ過ぎると、皮脂の分泌が過剰になり、にきびができやすくなります。

 

 

 

 

 

【 スナック菓子や揚げ物 】

 

 

スナック菓子やスーパーのお惣菜コーナーにある揚げ物などは、油分を多く含んでいます。

 

 

油分は、過剰摂取すると毛穴から皮脂が分泌されてニキビや吹き出物になります。

 

 

また、油分は時間と共に酸化するので、肌荒れの原因になり、肌の老化も促進します。

 

 

 

 

 

【 唐辛子 】

 

 

辛み成分は、胃腸トラブルを起こしやすく、栄養の吸収や排便を妨げて、肌荒れを引き起こす場合があります。

 

 

 

 

 

【 インスタント食品類 】

 

 

インスタント食品類に含まれる油は、時間の経過と共に酸化してしまう性質があるので肌荒れの原因になりやすいといわれています。

 

 

また、上記の食べ物意外にも、食べ物によってはアレルギー反応を起こし、肌荒れにつながるケースもあります。

 

 

食べ物を口にした後に、肌荒れ以外にも次の様な症状が出たら、アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

 

 

 

▲ 目や鼻のかゆみ

 

▲ 胃の不調

 

▲ むくみ

 

 

スポンサードリンク

 

【肌荒れを治す食べ物よりも即効性がある】肌荒れに効くサプリメント

 

肌荒れ

 

 

 

肌荒れを治す方法として食べ物を摂り入れる事を考えている人も多いですよね?

 

 

ただ、肌荒れを食べ物で改善するには、ものすごく栄養バランスを考えなければいけませんし、毎日、その食生活を続けていかなければなりません。

 

 

また、どんなに頑張って食べても、体内で栄養には限りがあります。

 

 

その為、即効性を期待するなら肌荒れに効くサプリメントで不足している栄養をサポートしてあげる必要があります。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめのサプリはこちら↓ 肌荒れ

まとめ

 

 

いかがでしょうか?

 

 

一度に全部は無理ですが、毎日少しずつ色んなものを摂り入れていくことはできると思います。

 

 

食事のバランスを摂ることで内側からも積極的に肌荒れを防いでいきましょう。

 

 

また、食事バランスをとるのが難しかったり面倒くさいと感じる時はサプリメントを活用するのも良いでしょう。

 

 

サプリは身体に必要な栄養がバランス良く配合されていますし、食べ物では吸収しにくい栄養素も小さくして必要な所に届けてくれます。

 

 

色々な栄養素を摂る為にあれこれ食材をそろえる必要もありません。

 

 

手っ取り早く肌荒れを改善したいという人にはサプリはおすすめですよ♪

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめのサプリはこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加