マスクはいいの?悪いの?

マスクと肌荒れについて

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

ざわちんなどの影響や美肌効果があるということで、近年マスクを日常的につけている人が増えていますよね。

 

 

ここではマスクが肌に与える影響についてみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

マスクが肌に与える影響は?

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

マスクで口元をふさいでいると、その中が蒸れた状態になりますよね?

 

 

特に夏はこの蒸れに加えて、汗や皮脂も分泌されムレムレになることがあるので気をつけたいところ。

 

 

この高温・多湿の状態は、細菌にとっては最高で、アクネ菌の繁殖が原因となるニキビを悪化させてしまいます。

 

 

その為、マスク利用時は通気に気を配り、時々外したり、こまめに汗や皮脂を拭き取ることが大切です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

一方で、この高温・多湿の環境を「保湿環境」と捉える事もでき、その意味では肌の潤いをキープするのに役立ちます。

 

 

しかし、これもただマスクをつけるというだけでは意味は無く、マスクをする前にしっかり保湿がなされていることが必要になってきます。

 

 

また、マスクの素材によっては肌荒れを引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

わたしたちがよく使う使い捨てマスクは紙素材のものが多いですが、このマスクの摩擦が刺激となって肌荒れを招く場合もあります。

 

 

耳にかけるゴムがきつすぎたり、肌に密着するタイプのマスクは摩擦を起こしやすいので、立体型マスクなどを利用して肌とマスクの間に適度な空間を保つようにしましょう。

 

 

また、清潔な状態を保つ為にも、同じマスクを何日も使いまわすのではなく、1日1枚を目安にしてマスクを交換するようにしましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加