生理前になるとブツブツができる!

生理前後の肌荒れについて

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

生理前になるとブツブツができてしまうという人も多いのではないでしょうか?

 

 

ここでは、生理前に肌が荒れやすくなる原因肌荒れを防ぐポイントをみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

生理前に肌荒れになる原因

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

生理は女性ホルモンの変化に伴って起きます。

 

 

この女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、これら2種類のホルモンの分泌量が28日周期で変化していきます。

 

 

生理が始まる前の7日間は、黄体ホルモンの分泌量が最も多くなる「黄体期後期」と呼ばれ、生理直前の不調が起こりやすくなるといわれています。

 

 

黄体ホルモンには皮脂を増加させる作用があるので、生理前になると毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、ニキビや肌荒れ、吹き出物ができやすくなります。

 

 

また、紫外線にも過敏になるのでシミやそばかすもできやすく、身体はむくみ、心も不安定になります。

 

 

スポンサードリンク

生理前の肌荒れを防ぐポイント

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

生理前はいつも以上に肌が敏感になるのでケアには慎重になる必要があります。

 

 

夜の洗顔はしっかり行い、肌がべた付いているとしても保湿ケアを十分にすることが大切です。

 

 

肌のべた付きが気になるようであれば、脂とり紙などで肌の脂分を押さえるようにし、保湿もこまめにするようにしましょう。

 

 

また、この時期は紫外線にも敏感になっているため、日焼け止めを塗ったり、紫外線をブロックする機能のあるファンデーションなどを使って紫外線対策をしっかりと行いましょう。

 

 

生理前は肌が非常に敏感になっているため、シェービングやピーリング、エステなどの特別なケアはできるだけ控えるようにしてください。

 

 

また、頭皮も顔と繋がっている皮膚の一部であるため、敏感肌に刺激を与えるものを防ぐ為にカラーリングやパーマもできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加