ピルは肌にいいの?悪いの?

ピルと肌の関係について

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

避妊のための薬として知られているピルですが、

 

 

「ピルを飲み始めたら肌荒れが出た」

 

「ピルを飲むようになってから肌荒れが減った」

 

 

という話も聞きますよね?

 

 

 

では、一体ピルは肌にどのような影響を与えているのでしょうか。

 

 

ここでは、ピルが肌に与える影響についてみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

ピルの副作用で肌が荒れる?!

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

女性には女性ホルモンだけが分泌されているわけではなく、男性ホルモンも存在しています。

 

 

また、「生理があるから、女性ホルモンは十分に分泌されている」というわけでもありません。

 

 

ストレスなどによりバランスが崩れて女性ホルモンの分泌量が低下しているケースもあります。

 

 

ホルモンの乱れによって必ず肌荒れが起きるというわけではありませんが、肌荒れが酷い人やなかなか治らない人には「生理はあっても無排卵月経だった」というようなケースが多いそうです。

 

 

特に、顎やフェイスラインに肌荒れが起こりやすい人やニキビが治らない人などは、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いといわれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

また、月経前後に肌荒れやニキビが増えたり、悪化したりする人も同様です。

 

 

このような場合には、低用量ピルの服用が効果的で、一般的な低用量ピルを服用するだけでもニキビの原因となる皮脂分泌を抑えることができ、肌荒れやニキビがよくなる人が多いそうです。

 

 

ただ、ピルというと副作用も気になりますよね?

 

 

以前はホルモン量が多い中高用量のピルが使われていて、頭痛や吐き気、不正出血などの副作用が多かったようです。

 

 

しかし、最近ではホルモン量を抑えた低用量ピルが主流となっていて、副作用は一部の人を除いてほとんどないそうです。

 

 

あるとしても飲み始めの数日~数週間だけで、ピルを飲んだら吹き出物がでたという人はこの飲み始めの肌荒れの場合が多いようです。

 

 

ピルは避妊目的だけではなく、月経不順の改善や月経前緊張症の軽減にも有効です。

 

 

ホルモンバランスを整えるという意味では、肌荒れを含めメリットもありそうですね☆

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加