肌荒れを治したいなら!

予防・対策の基本について

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ファンデーション

 

 

 

肌荒れを予防・対策していく為に、最低限守っていきたいのがこの4つ!

 

 

ここでは、肌荒れの予防と対策に欠かせない4つのポイントをみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

予防・対策をする為の4つのポイント

 

ファンデーション

 

 

 

では早速、肌荒れを予防・対策していく上で大事になる4つのポイントをみていきましょう。

 

 

 

 

1. 正しいスキンケアを行う

 

 

 

ファンデーション

 

 

 

肌荒れを防ぎたいと思うとどうしても指にも力が入ってしまいますが、そこをグッと我慢して、優しく、素早くを意識してスキンケアを行いましょう。

 

 

化粧水を塗る際に頬を両手でパンパンと叩くようなパッティングやマッサージ、クリームやファンデーションの塗り込みなどは私たちが思っている以上に肌に負担をかけてしまうので止めましょう。

 

 

「指紋が触れるだけの刺激でも角質層が傷つく」と言っている皮膚科医もいるくらい肌は敏感なのです。

 

 

 

 

 

2. 洗顔料を使った洗顔は1日2回まで

 

 

ファンデーション

 

 

 

「頬は乾燥するけどTゾーンはテカる」などという人は、夜はもちろん朝もしっかり洗顔しますが、洗いすぎると肌に必要な水分や油分まで流れ出てしまいます。

 

 

水分と油分が足りなくなった肌は、すぐに乾燥してバリア機能が弱まってしまいます。

 

 

その状態で添加物の入った化粧品を塗ったり紫外線に当ったりすると、肌が炎症を起こして吹き出物ができてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

3. 洗浄力の強い洗顔料は避ける

 

 

 

ファンデーション

 

 

 

サッと拭くだけでメイクが落ちたり、塗れた手でも使える洗顔料などは肌に刺激を与える合成界面活性剤などの成分が含まれていることが多く、肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。

 

 

必要な水分や油分まで落としきらないように不要なものだけ落として必要なものはキープしてくれるバランスのとれた洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

4. ストレスを適度に発散する

 

 

 

ファンデーション

 

 

 

ストレスが溜まるとカラダに様々な不調をもたらす活性酸素が生じます。

 

 

活性酸素は強い酸化力を持つ物質で、細胞を酸化させて老化を加速させたり、細胞の炎症を引き起こしたりします。

 

 

人間関係などの内的ストレスが蓄積されると、血管が収縮し血流障害が起こるため、大量の活性酸素が出てしまいます。

 

 

また、ホルモンバランスが乱れてバリア機能や免疫機能も低下するので肌荒れになりやすくなります。

 

 

ストレスを解消するためには、適度に運動したり、趣味を楽しんだりすることが大切。

 

 

また、一日の終わりにゆっくりお風呂に浸かるのも良いでしょう。

 

 

ストレスについては、悩みと闘うのではなく問題を受け入れることによって解消できることもあるので、できるだけ前向きな気持ちで過ごすようにしましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加