季節の変わり目に肌が荒れるなら!

季節の変わり目は肌の変わり目

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

夏から秋、秋から冬、そして冬から春など、季節の変わり目にダメージを受けがちな肌ですが、なぜ季節の変わり目に肌荒れが起こりやすいのでしょうか?

 

 

ここでは、季節の変わり目に吹き出物が出やすい理由季節の変わり目に起こる肌荒れを予防するポイントをみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

季節の変わり目に肌が荒れる理由

 

肌荒れブツブツ

 

 

季節の変わり目に肌が荒れてしまうのには次の4つの理由が関係しているといわれています。

 

 

 

 

1. 気温の変化

 

 

例えば、肌荒れが最も起こりやすいといわれている春先は、気圧が低くなることで皮脂や汗を出す力が働きにくくなります。

 

 

すると肌を保護する役目を持つ『皮脂膜(=天然乳液)』が形られにくくなり、角質層の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

その結果、肌が乾燥し痒みや熱を持った状態に傾いてしまいます。

 

 

 

 

 

2. 花粉・黄砂の影響

 

 

特に春先に多いのですが、気温の変化により気圧が低くなり、皮脂分泌機能が低下することで肌のバリア機能が上手く働かなくなります。

 

 

その弱った状態の肌に、直接皮膚に花粉や黄砂が付いてしまうためムズムズかゆくなったりします。

 

 

 

 

 

3. 紫外線の変化

 

 

紫外線は、春から夏、夏から秋、冬から春にかけて多くなるといわれています。

 

 

水分の蒸発や抗菌効果の低下、紫外線を防御する皮脂膜が作られないことが原因で皮膚内部まで紫外線の影響を受けてしまいます。

 

 

紫外線が皮膚内部に侵入すると、保水力が低下し角質層がはがれやすい状態になり肌荒れを起こしてしまいます。

 

 

 

 

 

4. 自律神経の乱れ

 

 

暑い・寒いなど感覚を脳に伝えて肌を調節しているのが自律神経ですが、寒暖差が激しいと自律神経のバランスが崩れやすくなります。

 

 

また、肌の働きが鈍くなり、水分を引き上げる保水力や皮脂や汗の排泄力も低下してしまいます。

 

 

この様に、季節の変わり目には肌荒れが起こりやすい要因がいくつかありますが、角質層の厚みを作っていくことや「皮脂膜」が形成されやすいように習慣付けておく事によって季節の変わり目でも動じない肌を作っていくことができます。

 

 

スポンサードリンク

肌荒れを予防するポイント

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

ここまで、季節の変わり目に起こる肌荒れを防ぐ為には、角質層の厚みを作っていくことや「皮脂膜」が形成されやすいように習慣付けておく事が必要だということが分かりました。

 

 

では、どのように習慣付けていけば良いのでしょうか?

 

 

ここでは肌荒れを防ぐために私たちが気をつけるべき2つのポイントをみていきましょう。

 

 

 

 

● 角質層の厚みを作るスキンケア

 

 

お化粧品を塗るときは、肌に触れる指の圧力に注意して指でお肌が凹まない程度にやさしくスーッと塗りましょう。

 

 

角質と角質が剥がれにくくするためにセラミドが入った化粧品を選ぶようにし、油分が入っていないゲル状のものを選ぶようにしましょう。

 

 

また、皮脂膜(天然乳液)を形るために、半身浴や運動など皮脂と汗を排泄しやすい環境を作りましょう。

 

 

 

 

● 「皮脂膜」を形成する生活

 

 

適度な運動や半身浴をして、汗や老廃物をこまめに出していきましょう。

 

 

また、入浴後はストレッチをすることもおすすめで、お風呂上りにストレッチをする事で血流とリンパの流れが良くなり体の機能が高まります。

 

 

就寝時はきちんと電気を消し、朝はカーテンを開けて太陽を浴びて自律神経を整えましょう。

 

 

肌に良いとされる、ビタミンC(イチゴ、キウイ、柑橘類など)やビタミンB群(秋刀魚、バナナ、大豆類、豚肉)なども積極的に摂り入れるといいですよ。

 

 

 

 

ここまで肌荒れを予防するポイントをみてきましたが、すぐに取り入れられそうなものはありましたでしょうか?

 

 

ちょっとした心がけで肌質は変わりますし、肌質が変われば生活も変わりますよ☆

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加