ストレスが原因かなと感じたら!

その肌荒れ、ストレスが原因かも!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ファンデーション

 

 

 

人間関係、職場の環境の変化、バタバタと終わる忙しい毎日。

 

 

そんな中で溜まっていくストレスは私たちの予想以上に大きいもの。

 

 

ここでは、ストレスが肌に与える影響ストレス解消のポイントをみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

ストレスが肌に与える影響は?

 

ファンデーション

 

 

ストレスが肌に良くないことは想像がつきますが、一体どのようなメカニズムで私たちの肌に影響を与えるのでしょうか?

 

 

ちなみに、ストレスといっても紫外線や空気の乾燥、肌への摩擦などの外敵ストレスと精神的な内的ストレスがありますが、ここでは内的ストレスについてみていきたいと思います。

 

 

一般的に、人間関係などの内的ストレスが溜まると、血管が収縮して血流障害が起こり大量の活性酸素が発生します。

 

 

活性酸素は酸化力が強く、細胞を酸化させて老化を加速させたり細胞の炎症を引き起こします。

 

 

 

肌荒れ

 

 

 

また、ストレスに対応しようとストレスホルモンや副腎皮質ホルモン、男性ホルモンが大量に分泌され、これにより皮脂分泌が過剰になり毛穴のつまりや大人ニキビなどを引き起こしやすくなります。

 

 

さらに、ホルモンバランスが崩れると緒暗示大脳の視床下部にある自律神経も影響を受けてバランスを崩してしまいます。

 

 

自律神経が不安定になると、普段は気にならないような些細なことで傷ついたり、起こったり、悲しんだりしてしまいます。

 

 

その反応がさらなるストレスとなり、肌荒れスパイラルへと進んでいってしまいます。

 

 

スポンサードリンク

ストレス解消のポイントは?

 

肌荒れ

 

 

 

この様に、肌荒れとして出てくることの多いストレスですが、解消の鍵は次の5つ!

 

 

 

 

1. 運動をしてリフレッシュする

 

 

 

ここでいう運動はジムなどの運動ではなくストレッチ程度の軽い運動のこと。

 

 

心地よいと感じるくらいの運動を取り入れることで、オキシトシンとともに『幸せホルモン』として知られるセロトニンが分泌され、心を安定させることができます。

 

 

また、眠りの質も良くなるので心身をゆっくり休めることができ、ココロの疲労回復にも役立ちます。

 

 

 

 

 

2. 趣味を楽しむ

 

 

 

本を読んだり、音楽を聴いたり、映画を見たり、旅行に出かけたり、絵を描いたり、ペットと遊んだり。。

 

 

自分がなんとなくでもリラックスできる状況を作りましょう。

 

 

趣味を楽しむ時間だけでも悩み事を忘れることができますし、本や映画、旅先で出会った人などから得たものによって問題の見方が変わることもあります。

 

 

もしかすると、今悩んでいることが自分が思っているほど大きな問題ではなかったと気づくかもしれません。

 

 

 

 

 

3. よく寝る

 

 

 

睡眠時間が足りないと自律神経が乱れやすくなり、悩まなくても良いような問題をクヨクヨ考えたりしてしまいます。

 

 

ストレスを感じる時は、できるだけ早く多く寝るようにして自律神経を整えるようにしましょう。

 

 

また、睡眠にはレム睡眠(体の休息)とノンレム睡眠(深い眠り:脳の休息)があり、これらを約1時間半ごとに繰り返しています。

 

 

しっかりサイクルを繰り返し、気持ちよく目覚めるためにはこれらが5回繰り返して行われる7時間半の眠りがベストだといわれています。

 

 

 

 

 

4. バランスの良い食事をする

 

 

英語に「食べたものはそのままあなた自身になる」という言葉がありますが、心身含め、どういった自分を作っていくかは食べるものにも関わってきます。

 

 

精神面でバランスをとりたいなら、食べるものから気をつけてみても良いでしょう。

 

 

特にストレスを感じたりうつ状態になっている時は、ビタミA(人参、レバー)やビタミンB1(玄米、納豆、豚肉)、カルシウム(海藻類、大豆)、マグネシウム(ひじき、昆布)、鉄分(ほうれん草)、亜鉛(貝類)などが不足しやすいので、意識的に摂取していきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加