夏場は注意!

汗と肌荒れについて

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

特に夏場は「汗を放っておいたら肌荒れになった」というケースも。

 

 

ここでは、汗が肌荒れを引き起こす原因と対策についてみていきましょう。

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

汗で肌荒れが起きる原因

 

肌荒れブツブツ

 

 

 

汗をかくと肌が潤って良さそうですが、汗を放っておくと肌が痒くなりますよね?

 

 

じゃ、汗をかかないようにすればよいかというとそういうわけにもいきません。

 

 

汗には皮膚温度を下げ、老廃物を出すという大事な役目があります。

 

 

ただ、問題なのは「汗だけが排出される」という状態であり、アルカリ性の汗だけが出ると菌が繁殖しやすくなりかゆみが出てしまいます。

 

 

このかゆみを解消するためには、アルカリ性の「汗」と酸性の「皮脂」をバランスよくバランスよく混ぜ合わせて弱酸性の皮脂膜を作ってあげる必要があります。

 

 

そして、この皮脂膜が菌の繁殖や肌の蒸発を防いで紫外線から肌を守ってくれます。

 

 

この弱酸性の天然乳液の様な物質ができることで、乾燥しにくくなるだけではなく、外的要因から守ることで抗菌され痒みが出にくいお肌となるのです。

 

 

では、どのように皮脂の分泌を促進していくことができるのでしょうか?

 

 

ここでは、皮脂膜を作るのに必要な皮脂分泌を増やす方法をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

【皮脂分泌を増やす方法】

 

 

 

● スキンケア編

 

 

① 洗顔後、お肌に何もつけずにしばらく放置します。

 

 

② 油分の配合されているスキンケアは使いのを一旦止め、肌がカラカラになる寸前にノンオイルのゲル状基礎化粧品を「もう少し塗りたいかも」と感じる程度に塗ります。

 

 

お肌は油分が足りなければ自ら皮脂をだそうと働くので、油分を使わないスキンケアに変えてみたり、塗る機会を減らして甘やかさない様に心がけて自らの皮脂を分泌させるようにしましょう。

 

 

 

 

● 生活編

 

 

① ぬるめのお湯で半身浴を行いましょう。

 

 

夏でも半身浴を行うことで、皮脂の分泌を高めやすくなります。

 

 

夏の方が、代謝が上がっているので皮脂分泌力は高まりやすくなります。

 

 

 

 

● 食事編

 

 

次のものを積極的に摂るように心がけましょう。

 

 

① 動物性脂肪 : チーズ、卵など

 

 

② 植物性脂肪 : ナッツ類、アボガド、オリーブオイルなど

 

 

 

 

ここまで、皮脂分泌を増やす方法をみてきましたが。それでもすぐに皮脂分泌がスムーズになるわけではありません。

 

 

汗をかいたときは、コットン生地などの柔らかいタオルやハンカチを使い、汗を吸い取るようなイメージで取り除いて下さい。

 

 

また、汗によって痒みが出たときは、肌は掻かず冷やすことが大切☆

 

 

清潔なタオルを水で濡らしたり保冷剤をタオルで包んで痒みのある箇所にやさしく置いて冷やしましょう。

 

 

※保冷剤を直接肌に当てると凍傷の原因となりるので注意しましょう

 

 

↓ブツブツ&カサカサ肌荒れにおすすめの化粧水はこちら↓ 肌荒れ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加